利用規約の内容を分かりやすくする

ネットショップの利用規約

ネットショップを利用する場合は、公平なショッピングを行うための規約が存在します。規約は広範囲に渡り、買い物をするための会員登録から、受注や発注に関する事柄を始め、返品と返金などが多数あります。これらに加えて、特定商取引法の表記やプライバシーポリシーに関する記述も必要となってきます。特別割引などのキャンペーンを行う場合には、個別にルールを表記する必要もあります。顧客との間で任意に交わすルールとしての位置づけとなっており、法的拘束力がないことが特徴です。利用規約を記述する目的は、虚偽申請や誤注文、商品に関するイメージトラブルなどのリスクに対処することです。そのため、消費者に対してはわかりやすく書くことが基本となります。

利用規約がわかりにくい場合がある

ネットショップの利用規約は複数の項目にわたるといった理由もありますが、一部においては、内容がわかりにくいものや他のところからのコピーも目立ちます。このように利用規約が適当なところは、かえってトラブルのもとになることもあります。トラブルを避けるならば、利用規約をわかりやすくまとめることが基本的なルールです。例えば、受注の項目なら、後で利用者から「聞いていない。知らなかった」とならないように、注文に関する値段や在庫状況に関して、わかりやすく記述します。ネットショップ以外の宣伝媒体を使う時にも、利用規約の見直しが必要となります。このように、販売に関するルール作りを徹底し、ルール自体に優先順位をつけることで、利用規約を明確化することができます。